せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

前頭前野のレベル/食べ方も十人十色

いつも視聴している朝の情報番組で「ラーメンは最初に具を全部食べて、次に麺を食べます。」という視聴者からのメッセージを紹介していたが、前に別の人も同じようなことを仰っていたような気がする。こういう人、最近多いのだろうか。



いわれてみると、ぼくの息子なんかも、最初に「おかず」だけ食べて、次に「味噌汁」、最後に「ご飯」というフルコース方式を実践している。いや、していた(過去形)。観ていると仕事を順番に片付けているようにも見える。それでは味気ないでしょ、ということでぼくがたびたび小言をいうものだから、このごろはいくらかまともになってきた。つまり、ご飯を食べて、おかずを食べて、ときどき味噌汁を飲んで、またまたご飯、味噌汁、おかずと繰り返す。



「食事くらい好きにさせてくれよ」と口には出さないが、息子の不満そうな顔がそう云っている。たしかにお腹に入れてしまえば同じだが…。いや、いかんいかん。食事は本来楽しむもの、味わうものである。そんなヤッツケ仕事のような食べ方がいいはずがない。だまって慣れてくれよ、と今は嫌われ役に徹している。



って、あれッ?ラーメンの食べ方の話からいつの間にか子供の躾の話になってしまった。最初のラーメンの食べ方が悪いと云っているわけではありませんので、あしからず。食べ方も十人十色ということで。



妻が川島隆太教授の脳を鍛える大人の計算ドリル(単純計算60日)」を買ってきた。この中にカウンティングテストというのがある。やり方は「1から120までの数字を声に出して、できるだけ早く順に数えてその時間を計る(数字はきちんと発音するようにする)。」というもの。その速さで前頭前野の働きを評価するのである。



さっそく挑戦してみた。ぼくの場合、やや呂律(ろれつ)の回らない怪しい計測ではあったが、約35秒。息子は恥ずかしそうにもごもごと40秒ちょっと。(「1,2,3,4,・・・・・☆※△□…120!」ってお前ねぇ。ほんとうに120数えた?。。)



ちなみに45秒で中学生レベル、35秒で高校生レベル、25秒を切ると理系の大学生レベルということらしい。



前頭前野が高校生レベルのりんたろうです、って これはどういう評価になるの?。