せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

夫婦生活を長く続ける秘訣…

おめでとう!!Jちゃん。



ということで、今日はKプロジェクト中間慰労会兼Jちゃんの婚約のお祝い。



「いやぁ、とうとう決まっちゃいましたぁ…」というその困っているんだか、喜んでいるんだか分からない様子がまた幸せそうで。こぉのぉー。。



聴いているこっちが照れちゃったじゃないか(笑)。



いずれにしても、めでたい。



「よぉー よよよいよよよいよよよいよい めでてぇなぁ。」というのは伝七捕物帳だったっけ?!。<訳分からない? おや指とひとさし指で拍子をとるやつなんだけど。



ちょっと心配だって?



そんな心配にはおよばないぞ。独身もいいけど家族持ちも…まんざらではないから(ま、たしかに独身時代を懐かしむことがあるかもしれない。「うわぁー、結婚しなきゃよかったぁー」「一人がよかったぞぉー」「ちょっと早まったぁー」と思うことがあるかもしれない。いや、ある、必ずある。だけどそれは当たり前。おなただけが特別なわけではないから…)。



それから夫婦生活を(円滑にかつ幸せに)長続きさせる秘訣をひとつ教えようか。これはK課長の受け売りなんだけれどね(このごろなんとなく実感)。



それは「相方に見返りを求めないこと」



こちらがしている(と思っている)ことの量的なものと相方が受け取っている(感じている)ものの量的がものがイコールではないから。たとえば、「こっちがこれだけ愛情をそそいでいるのに、そっちはそれだけかい?」とか「前回はぼくがおりたから(合わせたから)、今度は君がおりる番(合わせる番)」とか。こちらがしている(と思っている)分だけ相方からの見返りを期待すると一緒にいるのがつらくなるのである。



家族ではあるが、ここらへんが肉親との関係と大きく違う点かもしれない。



いまのうちはいいけど、まずは3年くらい経ったころに思い出すといいかもしれないね。



お酒の方の話もメモしておく。



「黒龍」という福井の大吟醸をもっきりでいただく。初めて呑んだ。香りがすごくフルーティーでトロリとした呑み心地が大変おいしい。「うまい、うますぎる」とはお店のお品書きだが、まさにそのとおり。それにしても何故今までお目にかかれなかったのだろう。お店においてあったお酒の中では高級な部類のお酒であった(もっきり1杯で1200円也)。ま、納得。次に「春雨」という泡盛を水割りで。強いけどスッキリ。これも美味い。



ここは仙台市青葉区二日町「きりん」というお店。A部さんが雰囲気がいいから、と連れて来てくれました。