せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

いいねぇ田尾監督…



田尾安志東北楽天ゴールデンイーグルス監督)のポリシーは「与えられたポジションに対して、常に労を惜しまず、全力でぶつかる」だそうだ。



特に張り切ることもなく、特に恐れることもなく、常に全力でぶつかる という姿勢だ。こうでなければならない、こうすべきだ、そういう難しいことは考えない。自分ができることを労を惜しまず(手を抜かず)、全力で出し切ることだけ考える。いかにも誠実な田尾さんらしい。



後だしジャンケンからくるミキタニへのマイナスイメージを彼が払拭してくれたという印象が今もある(そうだ、GMのマーティン・キーナート氏の存在も忘れちゃいけないね…)。岩隈投手の入団も決まり、選手は思ったよりいいのがそろったじゃないか、という人は多い。しかし、監督もかなりのビンゴだったのだと思う。彼が「よぉし、お前がやるなら応援してやるぞ!」という監督であることは間違いない。これで采配もバッチリ当たってくれたら最高だ。その昔、ベガルタがJ1入りを果たしたときの清水さんがそんな感じであった。



しおらしく云わせてもらえば、これからの人生で仮に「エェェ…」「なんで俺がぁ?…」「うわぁ、最悪ぅ…」というような微妙かつ困難なポジションにつくような機会があったなら、そのときにはこの田尾語録を思い出したい。



週中なので、いつもより早めに帰宅。息継ぎも必要だ。作業の進捗は今のところ順調なり。できれば週末には中間慰労会などもやれればいいかな…。ってこの気の緩みが    時には必要だね。