せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

どんと祭、お父さんだって本当は忙しいのだよ…

今日は「どんと祭」。



“正月の松飾りやしめ縄,古神符を持ち寄って焼き,新年の無病息災・商売繁盛を祈るお祭り”である。市民にとってこの季節の大切な行事である。各神社で行われるのだが、我が家からだと仙台東照宮が近い。ここのはたくさんの露店が立ち並びかなり盛大に行われる。



今の時期、大変忙しい身ではあるが、今夜だけは休日出勤覚悟で時間を作るつもりだった。もちろん、我が家族もそのつもりだろうと、今朝出勤前に妻と息子にそれとなく振ってみたのだった…。



「今日はどんと祭だから、早く帰って来なくちゃね。ちゃんと古いお守りや去年買った熊手なんかも準備しておけよ。」



ところが二人の反応は酷く冷たいものだった。



妻 「今日は会議資料作らなきゃならないから残業ぉ。何時に帰れるか分からないから。」



息子 「今日は塾だっつぅの。行けるわけないじゃん。」



「・・・」



なんだなんだ…。ぼくだけ暇みたいじゃないか。お父さんだって、お父さんだって本当は忙しいんだっつーの。



結局、通常通り残業。23時ころに帰宅する。妻も23時半ころに帰宅。二人の意見が一致し、もしかしたら終わっているかな、と思いながらも東照宮まで車を走らせてみる。すると終わっているどころか、どこにも駐車できないくらいの人出である。車の流れもまだまだ多く、仕方なくとんぼ返りした。参道も露店の辺りも人で溢れかえっていたし、この時間帯は初めてだったがとても驚いた。古神符は結局燃せずに持ち帰る。



帰宅、車からおりて気づいた。どこからか紙を燃しているような匂いがする。今夜は仙台の街全体がこんな匂いに包まれているのだ。。