読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

楽天イーグルス・日記・備忘録

3.11震災

津波警報、塩見に言って欲しかったコメント

11/22 5時59分の地震で福島と宮城で津波警報が出ました。地震の後の津波の怖さをみんなが知っているので、テレビニュースの警戒を伝えるアナウンスも本気モードが半端じゃありません。東日本大震災の教訓は生きているな、そんな風に感じました。一方で、…

余震が続く九州―野球は中止、(p.s.)ロッテが連敗

4月16日(土曜日) 余震が続く九州―野球は中止 久々にテレビから流れる「緊急地震速報」を聞いた。遠い南の地に向けた警報を北海道で聞いている(見ている)。緊迫感を煽る効果音、一方で離れた場所に居るという安心感。不安と恐怖を伝えるニュースをすご…

熊本で地震

4月15日(金曜日) 朝から強い風。小雨もぱらついている。傘をさしたいが、強風でまっすぐ立てていられない。風が吹いてくる方向へ傘の先端を向けて変形しないように試みるが、風の方向が急激に変化するので飛ばされそうになる。天気予報は雪になるとも言…

あれから4年

3月11日(水) 3.11、あれから4年が経った。あの日、避難した後、オフィスに戻れずそのまま帰宅した。家に戻ったら息子が愛犬を抱えて駐車場に座り込んでいたのを覚えている。その息子がこの3月に大学を卒業する。息子が大学へ入学した年だったのだ…

日本シリーズ前夜の長い揺れ

揺れを感じて目が覚めた。深夜2時を回っていた。長い揺れだった。後で確認したところによると最大震度は4だった。日本シリーズ第1戦の前夜である。Gの応援で仙台入りしている人たちは「ドキッ」としたのではないか。 津波警報の出された地域もあったよう…

あれから2年

東日本大震災から2年が経過した。早いといえば早い、もう2年かと思う。一方で、まだ2年か、そんな風に思うこともある。今も31万人の人が仮設住宅などで避難生活を送っている。あと何年経過すれば、普通の生活に戻れるのか、そう思うと時の経つのがじれ…

がれきの受け入れ

震災によるがれきの処理が問題になっている。膨大ながれきを全国の自治体が分け合って処理しようというのだ。がれきの受け入れを表明する自治体が増えているというニュースにちょっと嬉しくなる。しかし、そういう自治体の動きに抗議する住人も少なからずい…

あれから1年

3.11震災からちょうど1年である。ここ数日は、テレビでも特番が組まれ、否応なしに「あの日」のこと、いや、あの日以降のことを思い出させられる。僕のところは、直接の物的震災がなかったので、あの日(あの時の)の恐怖よりもあの日以降のライフライ…

一部損壊

3.11大震災から2ヶ月以上が経ち、僕の住んでいるマンション本体に保険会社から一部損壊の判定、管理組合に保険金が入ったという情報を入手した。損壊らしい損壊などなかったと思っていたから、これには少し驚いた。外から見る分には損壊の場所など見当…

素直に感謝

朝のうち曇り空、8時をちょっと過ぎたころから雨になる。 午前中、石巻へ行く用事があって、震災後、初めて石巻の街の中を車で走った。三陸道を降りて、しばらくは普通の街並みが続いた。街行く市民の人達も普段どおりに見えた。部活帰りの学生たちだろうか…

東京デズニーランドのスタッフが素晴らしい

昨夜のMr.サンデーで紹介されていた3.11大震災のときの東京デズニーランドの緊急対応(というか、各スタッフの対応)を感激しながら観ていた。スタッフの9割がアルバイトだそうだが、あの使命感は素晴らしい。思い出せる部分を書いておく。 地震発生…

これもあれも震災のせいにして

明日からいよいよGW。前半は仙台にいて、後半は実家のある秋田へ移動する。タイヤ交換がまだである。過去の記事を読み返すと、いつもは4月11、12日ころには交換を終えているのだが、今年は震災の影響もあってか、こんな時期まで来てしまった。ははは……

「破壊されていた」という朗報

(4月27日) 「30年以内の発生確率が99%と政府地質調査委員会が評価していたマグニチュード7.5想定の「宮城県沖地震」の震源域は、(東日本)大震災により破壊された可能性が高いとの見解を示した。」と今朝の河北新報朝刊の記事。見解を示したの…

ガス復旧、イーグルス連勝!(震災34日め)

(4月13日) ようやくガスが復旧した。震災から34日め、長かったあ…。今朝、家を出るときに、ドアに「留守にしていますので、連絡お願いします」と携帯の電話番号を書いて貼っておいたのだが、午後一番にガス局の人から電話が入った。作業時刻を調整し…

楽天よ、開幕勝利をありがとう(震災33日め)

(4月12日) 14時7分、また大きな余震があった。このところ余震続き。それがだんだん南下している。東北でいえば、福島県を震源とするものが多くなっている。 楽天が開幕戦を勝利で終えた。ゲーム速報をメールで受信していたから、結果はライブで知っ…

もう、いい加減にしてくれ(震災32日め)

(4月11日) 3.11大震災からちょうど1ヶ月。この1ヶ月という節目だが、僕は3.11を1日めとしたので、昨日がちょうど31日めであった。一般的には、今日が1ヶ月ということだ。1ヶ月前の地震の起きた時刻、14時46分にオフィスの社員全員で…

1ヶ月たちました(震災31日め)

(4月10日) 3.11大震災から早1ヶ月である。あっという間だったなあ。と感じる僕は、きっと幸せもんなんだろう。避難所で生活する人たち、家族に行方不明者のいる人たち、家族を震災で亡くした人たちにとって、この1ヶ月は長かったろうか、短かった…

またまたGスタンドに行列?(震災30日め)

(4月9日) 3.11大地震後、5回目の土曜日を迎えた。車にガソリンが入ったおかげで、初めて車が使える週末を迎えたことになる。ガソリンといえば、4.7大余震の翌日には、Gスタンドにまた車の行列が出来ていた。地震に対する条件反射になっているよ…

被災地に訪れる野次馬?(震災29日め)

(4月8日) 朝6時起床。昨夜の大余震で、やや寝不足気味。電気は昨夜から停まったままだ。それでも、気温が暖かいのは救い。エアコンと電気ストーブが我が家の暖房器具だが、今朝は、それらがなくてもなんとかなりそうだ。カーテンを開ければ、朝の日光で…

震度6強の余震/おかえりなさい、イーグルス(震災28日め)

(4月7日) ロイヤルホストで夕食。ここもまだ通常営業にはなっていない。各テーブルにセットされているメニューは「仙台版」として一枚ペラの簡易なものに変わっていた。記載されている内容もかなり限定的な品揃えである。ドリンクバーのカップが紙コップ…

銭湯へ行く(震災27日め)

(4月6日) 朝、石井屋が8時営業になったことを確認し、会社に行く前に寄ってランチ用に調理パンとあんぱんを購入。先日も書いたように、「五穀の恵み」はまだ店頭に並ばない。材料の関係だろう。待ち遠しい。 夕方、会社から帰宅し、妻をバス停まで迎え…

車で動けるようになってみると案外動かなかったり(震災26日め)

(4月5日) 車のガソリンは満タンになり、残すはガスの復旧のみである。それでも、車が自由に使えるとなると、いろいろな面が見違えるように便利になる。これまで、利用できなかった施設の多くは、そこまでの移動に問題があったのだが、それがほとんど解決…

ガソリン満タン、まずは温泉へ(震災25日め)

(4月4日) 今日は有休。バスによる長距離移動あり、バス車中泊ありと週末の非日常的行動は、老体にはかなりの苦行であった。昨夜から時差ぼけに似た身体の重さを感じていたので、今朝はゆっくり寝ていようと思っていたが、不思議なもので、いつもの布団と…

in東京(震災24日め)

(4月3日) 駅で息子と待ち合わせ、電車で隣街まで移動して買い物をした。息子のところの商店街よりも隣街の商店街の方が若干大きい。妻と息子は、先週来た時にあらかじめ何を買うかを決めていたようだ。ポイントが使えるヨドバシのある商店街というのもあ…

週末は東京へ(震災22日〜23日め)

金曜の夜に東京へ移動、土日は東京の息子のところで過ごした。まとめて更新しておく。 (4月1日) 朝の通勤途中にクリーニング店へ寄った。11日の地震のあと、ずっとお店は閉まったままだったが、一昨日の夕方にお店を開けていることに気づいた。ちょう…

息子からのメール(震災21日め)

(3月31日) 東京で一人暮らしを始めた息子から夕飯に作ったというチャーハンと味噌汁の画像がメールで送られてきた。ガスが止まっていて、たいしたものも作れない我が家の夕飯事情を見透かしたかのようなタイミングであった。昨日食べたコンビニ弁当の画…

万引きしてきたように見えていないかと心配だった(震災20日め)

(3月30日) 避難所で体操する人たちの様子がニュースで流れていた。エコノミック症候群予防の体操である。避難生活はさぞ不便だろうと思うのだが、みんな笑顔だったのが印象的である。人間って強いなあ、とつくづく思う。 原発の風評被害で、福島県産の…

ガス抜きされている状態(震災19日め)

(3月29日) オフィスの窓から外を眺めると、近くのGスタンドに並ぶ車の行列が見える。その行列が、今日は2度ほど解消することがあった。一度めは午前11時ころ、二度めは午後3時ころ。通勤途中にスタンドの人から聞いたところによると、昨日と今日は…

宮城県沖地震とは別なのか?(震災18日め)

(3月28日) 出勤前の朝7時24分ころ、強い地震があった。宮城県中部の震度は5弱、なるほど、たしかに強かった。余震のたびにそうなのだが、部屋のドアや戸がガタガタ鳴りだすと、愛犬ハナは上空を見上げ、何度も吼える。僕らには見えない何かが、彼女…

水シャワーは二度と御免。(震災17日め)

(3月27日) 仰向けになって寝ていると、背中で余震を感じることがある。寝ているのに目が回るような感覚。船の上で寝ていて揺れる感じは、こんな感じではなかったか、などと思う。島国・日本が、あのひょっこりひょうたん島のようなことになっている様子…

「行列」が消えた?(震災16日め)

(3月26日) 朝から雨だ。霧雨、昨夜降った雪が屋根にうっすらと積もっていたが、その雪も少しずつ溶けていく。昼ごろになって雨は上がり、薄い青空も見えてきた。 街の様子が見たくて散歩に出た。10分ほど歩いた先の交差点近くにスーパーがある。先週…

余震に慣れてきた(震災15日め)

(3月25日) 今週末の我が家は、僕一人。妻が息子につきそって東京へ出かけたのだ。身の回り品の調達やら整理やら、新生活の準備を手伝うためである。日曜日には妻だけが戻る。なかなかの強行軍だ。朝8時の高速バスで出発、新宿に着いたと息子がメールを…

パンが買えた、初外食、初飲酒も(震災14日め)

(3月24日) 震災から2週間めで、ようやくパンが買えた。僕は、ヤマザキのあんぱんを近くのデイリーにて。妻は、仕事がお休みだったので、(今は)10時からの臨時営業になっている石井屋さんのパンを。僕が、購入したあんぱんを持って帰宅したら、妻が…

いずれはずします(震災13日め)

(3月23日) ローソンで入手した「大盛ごはん」。温めると僕が普通に炊飯器で炊くのとほとんど変わらないくらいにおいしいご飯になる。すばらしい、の一言。以前、某有名メーカーのインスタントご飯を試したときには、「あぁ、こんなもんか…」という程度…

顔を見て安心する(震災12日め)

(3月22日) 連休明けの初日。11日の地震以来、久しぶりに顔を合わせたスタッフが数名。スタッフ全員の無事は既に確認されていたが、顔を見るとやはり安心する。個人的な被害は各自それぞれで、自宅の場所によってライフラインの復旧状況もまちまちであ…

放射能のこと(震災11日め)

(3月21日) 河北新報の今朝の朝刊に東北大加齢医学研究所の川島隆太教授(DSの脳トレで有名、と言った方が通りが良いと思う。)が書いた「放射能の影響をどうとらえたらよいのか?」というコラムが掲載されていた。報道されている放射線に関する今の数…

日本の救世主(震災10日め)

(3月20日) 午前中に近くの理髪店で散髪。髪の毛が伸びたくらいでは、特に不自由なこともないのだが、とにかくサッパリしたかった。行きつけの理髪店も通常営業とまではまだいかないようだ。ガスが止まっているので、シャンプーは水でも良いという希望者…

パンが食べたい(震災9日め)

(3月19日) 地震発生から2回目の土曜日。先週と同じで快晴である。街の様子が見たくて息子の自転車で近所を散策した。Gスタンドに並ぶ車の列は相変わらずの長さだ。前よりも長くなってきた感じさえする。ガソリンがないというわりには、通りを走る車の…

地震から1週間

(3月18日) 地震から1週間。停電あり、断水あり、食料不足、ガソリン不足と非日常的な環境の中で過ごしたこの1週間、長かったような早かったような。ただ、まだ終わったわけではない、始まったばかり…だ。それを思うと気が重くなる。でも、僕などの不…

福島原発の不安(震災7日め)

(3月17日) ストレスと寒さのせいだろう。眠いです。気持ちは張り詰めているのだが、身体はそれなりに応えているようで、昼食を食べたあとの睡魔が半端じゃない。風呂に入ってリラックスすることができないのも大きい。身体を洗う(拭く)、頭を洗う、い…

食料・物資調達(震災6日め)

(3月16日) 朝のうち晴れ、その後雪。先日、NHK前のだんご屋さんで買ったおふかしを温めなおして朝食。もち米なので、いくぶん腹持ちが良い。会社は休暇をいただき、今日は、妻と二人で駅前の朝市へ食料調達に出かけた(今はそれが最優先の仕事である…

震災

テレビに出ていた専門家が言うには、1000年に一度の大地震だとか。長い日本の歴史の中で、1000年に一度の大地震の被災者になったことの巡り合わせを思うと実に複雑な心境である。また、一方で運の良さも思わずにいられない。何人かの方にお見舞いメ…