せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、あと日記も...

捕らぬ狸の皮算用

ブログ村(「楽天イーグルス」カテゴリー)のランキングで念願の1位になることができました。投票ボタンをクリックしてくださった読者の皆さん、ありがとうございます。引き続きご支援のほどよろしくお願いします。がんばります。

さて、1位になったのはいいのですが、これまで以上に得票を意識して記事を更新しなければ...と柄にもなく気負っていますw。

で、このまま気負い続けるのも辛い。そこで最初にお断りしておきます。いや、お願いしておきます。
つまらない記事でも「読んだよ」という“足跡”代わりにクリックしていただけるとうれしいです。「いいね」ではなく、「読んだよ」でお願いします。
「読んだよ」はいクリック。こんな感じ...w。


ということで、まずは昨日のカープとのオープン戦から。4−1、勝ちましたね。先発の釜田は、いわゆる“勝てるピッチャー”。開幕ローテは当たり前、ここは安楽と2人で20勝以上をノルマにしてもらいたいですね。

則本と岸の2人で30勝以上...。これで4人合わせて50勝以上になります。となると、昨シーズンの優勝チーム・日ハムが87勝でしたから差し引き37勝を美馬、塩見、辛島の3人で...。というわけにはとてもいきませんので、彼らには昨シーズン並に稼いでもらうとして、9+8+3で20勝。
残り17勝を〈その他みんな〉で寄ってたかってなんだかんだと重ねていけば...

いけるじゃん!

ちなみに昨シーズンの〈その他みんな〉の勝ち星を数えてみたら、福山4勝、松井裕1勝、青山1勝、ミコライオ5勝、金刃3勝、戸村1勝、西宮3勝、菊池1勝、浜矢2勝でした。合計すると、なんと、21勝です。ミコの5勝を引いても16勝、ハーマンも1勝くらいはしてくれるでしょう。

今シーズンは他に森雄大くん、古川くんといった武者修行帰りや、菅原くん、高梨くんといった楽しみなルーキーが控えています。隠し玉ならぬ秘密兵器もあったりするわけですね。なんかいけそうじゃないですか。

▼読んだよ!はいクリック...
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

菅野が打たれて思ったこと

エース菅野、まさかの乱調 浮いた変化球狙われ4失点 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

(前略)
 でも、切り替えられなかった。三回に、筒香の適時打で仲間が追いついてくれた直後の四回。3安打を浴びるなどして、2死満塁にされると9番打者への初球が、また浮いた。肩口のカーブを左前へ運ばれ2点を勝ち越された。150キロ台の直球を連発するなど球威はあっただけに、ストライクを取りにいった変化球を狙われたのは悔やまれる。

 四回を終えて球数は74球に達し、降板した。小久保監督から「日本で一番いい投手。7イニング投げてくれたら」と言われたエースが、まさかの乱調だった。(山口裕起)

  • 思ったこと

“日本で一番いい投手”でさえ4回4失点、則本が3失点だったのは、その程度のこと。要するにwbcの打線のレベルが高いということで...(悪いけどちょっとホッとしながら観てました。)

で、“日本で一番いい投手”って、もしかしてライオンズの牧田じゃないの...w。

ついでにもう一つ。アンチwbcの野球ファンが言うのもなんだけど、プレーボール、18時にしてほしいですね。平日のナイターなのでもう少し早く決着をつけてほしい。ゲームを最初から観られる利点はあるんですけどね。ま、勝ったから良し。

wbcキューバ戦の8回表に松井裕が登板、3人切りでした。キューバ打線の大振りに助けられた感じでしたが、結果オーライです。

カープとのオープン戦。先発の辛島は5回10安打6失点...だったみたい。辛島も苦しんでますね。さすがに開幕ローテの1次ラウンド通過は厳しいか。怪我とかの情報はないようなので、いずれ出てくるでしょう。

▼1位なっちゃいました。感謝です。またまたがんばります。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

則本はだいじょうぶ?!

野球の神様は、則本にビンビン試練を与えてくれちゃってますね。どんだけ精神的にタフになって帰ってくるのか、楽しみですw。

さてさて、wbcのオランダ戦、小久保監督が1点リードで迎えた9回裏のマウンドへ送ったのは、牧田ではなく則本でした。結果はご承知の通り。同点に追いつかれてしまいました。

ゲーム後のインタビューで則本を起用した理由について尋ねられた小久保監督は「理由はない」と応えています。これはきっと「理由は(言え)ない」と言いたかったのだと思います。何を言っても言い訳になる、誰も得する者がいない。というか、選手やチームにとってプラスにならない、そう判断した小久保監督の名解答でした。


で、小久保監督の本音について、私はこう思いました。

則本にリベンジの機会を作ってやりたかった。本来の力を出すための“きっかけ”を作ってやりたかった。そういうことではないでしょうか。
たった一人の選手のために...、それは危険すぎるでしょ、...と普通ならだれもがそう思います。たしかにとても乱暴な起用にも見えますが、そこは則本の実力への信頼もあったと思います。投げているボール自体はこれまでも悪くなかった。それから、このまま則本が活躍できないようだとそれは世界一奪還が失敗に終わることを意味する、そういう判断が監督にはあったのだと思います。

「2位じゃだめなんですか?」と蓮舫
「だめなんです!」と小久保

...こんな感じでしょうか。世界一奪還に則本の活躍は絶対不可欠、そういうことです。

ま、結果は最高とは行きませんでしたが、最悪でもなかった。同点で食い止めたところはやはり則本のすごいところです。並のピッチャーだったら間違いなく逆転サヨナラの展開でした。最終的には牧田の好投で侍Jが勝ち切った形になりましたが、則本はまだ死んでないな、そう思えたゲームでした。

野球の神様もそろそろ則本を(試練から)解放してくれる頃です。もう十分ですね。どうでもよかったwbc...ちょっと目が離せなくなってきましたw。

▼応援のクリックよろしくお願いします。がんばりますw。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

細川のリードに助けられ

オープン戦はファイターズとの第2戦め。イーグルス先発は森雄大くんでした。なんでしょう、私の念が通じているのでしょうか、森雄大くんが先発のときに観戦チャンスが訪れる気がしますw。

で、これまでの森雄大くん、良かったかと思えば、ピリッとしなかったり、不安定さが残るピッチングで開幕ローテの当落線上をいったりきたり、ぎりぎり綱渡りしている状況が続いていましたが、今日は、移籍後に「受けてみたい投手」の一人に森雄大くんをあげていたベテラン細川がマスクをかぶりました。細川流リードで森に変化があるかどうか、注目でした。

初回に2者連続四球でスタートしたときはどうなるかと思いましたが、バタバタせずに鎮めましたね。スライダー(本人はカットボールとして投げているとの紹介あり)でカウントを整えられたのがよかった。

ノーワインドアップで投げてましたね。コントロール重視でも球威は十分です。ストライクの取れるボールがあればピッチングが組み立てられます。細川の組み立てに助けられましたね。どうにかこうにか岸に泳ぎ着いた感じのゲームメイクでした。それでも、昨シーズンまでの森くんと比べたら、だいぶ成長した感じがあります。バタバタ感が以前よりもなくなったのは、その辺の自信からくる気持ちの安定があるからでしょう。細川のリードによって引き出された面もあったと思います。

森と細川のバッテリーはいいかもしれません。というか、森の良さを引き出すには細川がいいという感じ。ラブコールされたキャッチャーに投げるのですから、ピッチャーの方も気分が悪いわけがない。細川の伏線が効いていたかもしれませんねw。

5回無失点は結果オーライ。オープン戦初勝利のヒロインは森雄大くんでしたね。成功体験を積んでいます。あとで生きてきますw。

▼まだ2位のままだったら、1位をめざしますw。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

大谷の父

ファイターズの大谷選手の父親がマスコミに登場です。

f:id:uesugi_rintaro:20170312093644j:plain

プロ野球のスター選手の父親が公の場に登場するのは珍しいことではありません。

パッと浮かぶのはやっぱりチチローことイチローの親父さん、それから父ゴジラこと松井秀喜の親父さん。

今度は大谷選手の親父さんというだけで、特段、大騒ぎするほどのことでもないのですが、私が注目したのは、その容姿です。写真を見たとき、一瞬...

銀次か? と思いました。

銀次もまた岩手県出身です。岩手には多い系の顔なんでしょうか。

投稿されているコメントの中にはやはり「◯◯に似ている。」といったものもありましたが、他のチームの選手でしたね。改めて問いたい、どうです?、銀次に似てませんかw...。


▼ようやく2位になりました。感謝! 次は1位をめざします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村