せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、あと日記も...

日記、久保さんのこと、ベストナインのこと

11月18日

急に寒くなりました。雪こそまだ降っていませんが、この冷え込みだといつ降ってもおかしくない。このごろ鼻水が出やすくなっています。箱ティッシュがあっという間に空になるくらい頻繁に鼻をかんでいる感じです。ゴミ箱は丸まったティッシュでいっぱい。ゴミ箱の中を見るたびに思うこと、一度使ったティッシュを乾かして2、3度は使いたいな、勿体ないから...w。夜の9時半頃、テレビを見ていたら「山形道は雪のため通行止め」のテロップが流れました。いよいよ来たな、そんな感じw。で、20分後くらいにすぐに解除になりましたw。寒いのは全国的な現象のよう。身体が寒さに慣れていない季節の変わり目が一番寒さを感じるし、体調を崩しやすい。注意せねば。

久保さんのこと

【楽天】久保裕也投手ら4選手と育成契約 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
イーグルスは久保さんと育成契約しましたね。まずはよかった。

彼の今シーズンの成績は27登板で3勝1敗6ホールド、防御率3・60でしたが、数字以上にチームに貢献していた印象があります。緊迫した場面で見事な火消しを演じていたからでしょうか。印象に残るピッチングが多かった。

経験に裏付けされた安定したピッチングは見ていて安心感がありました。全盛期の頃と比べると衰えはありますから、打たれることはもちろんありましたが、自滅することはほぼありません。だから見ている側が納得できる。ここらへんは福山に通じるものがありますね。どんな場面でも冷静に自分のピッチングができる、そこが彼の一番の魅力です。

シーズン途中に右腕の故障で離脱しましたが、経過はどうなんでしょう。結構、連投していた時期もありましたから、無理が祟ってしまったのかもしれません。今シーズンよりも上のパフォーマンスを期待するのは酷だと思いますが、「困ったときのクボ」的な起用ができれば戦力としては十分です。でも連投は避けたいですね。ここぞの場面でのみ使う。そんな秘密兵器になったら贅沢ですね。

ベストナインのこと

ウィーラーと銀次がベストナインでしたね。銀次がGGに選出されたときもそうでしたが、あまりに近い存在のせいか、すこし意外な感じもしました。「嬉しい誤算」というと用途が違うでしょうかw。

ま、ベストナインが2人もチームにいることを心強く思いたい。選考時の投票結果も公表されてました。ショート部門の茂木は惜しかったですね。トップの今宮と3票差でしたが、怪我による離脱がなければ選ばれていたかもしれません。それからキャッチャー部門では嶋が4番目でした(1位:甲斐(鷹)、2位:炭谷(獅子)、3位:田村(鴎))。侍の正捕手の座もそろそろ世代交代の予感ですね。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

カズオさんとナオト、「です・ます調」で書きたい気分

お酒を飲んで帰った日はさすがにブログの更新が億劫になります。いつも夜に記事を書いて翌朝に更新するのですが、翌日に飲み会のある日はその日の夜のうちに翌日の夜の分も書いておくことにしています。予備ブログですねw。

この記事もそれです。昨日(金曜)の夜が飲み会だったので、木曜の夜に書いたものです。木曜に書いているのに、翌日(金曜)の飲み会のことを「昨日の夜が飲み会」という感じで書いている。頭の中がゴチャゴチャになってきましたw。

カズオさんとナオト

で、まずはイーグルスのこと。

カズオさん(松井稼頭央選手)がライオンへの入団を決めたようですね。かと思ったら、ナオト(渡辺直人選手)がイーグルスへ帰ってくる。結局は「元の鞘に収まる」形で落ち着きました。

ナオトが帰ってくるのはもちろん嬉しいですが、カズオさんが出ていくのは、やっぱり淋しい。しかも行き先が同じパ・リーグのライオンです。今や天敵とも言えるチームですが、カズオさんが加わるとなおさら戦いたくないチームになりそうでファンとしても気が重いです。

「バーン」はどうなるんでしょう。カズオさんがいなくなってしまうのにこのままイーグルスの選手が使ってていいんでしょうか。ライオンの選手が始めるとは思えませんが、そんなどうでもいいことが気になったりしていますw。

「です・ます調」で書きたい気分

文章の語尾のことを書こうと思います。いわゆる「です・ます調」であるとか「だ・である調」であるとか言われるアレです。

このブログをいつも読んでくださっている方なら既にお気づきかもしれませんが、このブログの文章は少し前まで「だ・である調」でした。プロ野球シーズンが終わり、日記系の記事を混ぜるようになってから「です・ます調」に変えています。

特別深い意味はありません。気分の問題というか、感覚の問題というか、そんな感じ。今はこの文体が楽だということです。「です・ます調」で書くと比較的丁寧に書くせいか、日記などには適しているように思います。いろいろなことを詳しく書いているな、後で読み返すとそんな風に思うことが多いです。

それから、内容が優しくなる気がします。同じイーグルスの選手のことを書くにも、以前よりもだいぶ優しい書き方になっている気がします。読んでる方は、気分を害することが以前よりも少なくなっているんじゃないでしょうかw。自己満足的なところもありますが...。

たとえばホークスへ移籍した西田選手のこと。

  • 「だ・である調」で書いた記事

uesugi-rintaro.hateblo.jp

  • 「です・ます調」で書いた最近の記事

uesugi-rintaro.hateblo.jp

「西田」と書いている箇所だけ拾い読みしてもらえばわかりますが、最初の記事は「西田いらん」という感じがビンビンに出てませんか。それに比べ次の記事(最近の西田関連の記事)、移籍が決まったから感傷的になっている部分も否めませんが、だいぶトーンが優しくなっているはずです。なんてね...。

「だ・である調」で書いていると不思議と書く対象を厳しく見てしまいますね。一方の「です・ます調」ですが、こちらで書くと、なんでしょう、オブラートにでもつつんだような表現というかやや遠慮がちに書いてしまう傾向があるような気がします。

で、今は「です・ます調」が書いていて楽なので、しばらくはこのままで行こうと思います。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

平石コーチ、冬の合図

ブログ村の登録カテゴリーは、今まで「楽天イーグルス」だけでしたが、シーズンもオフになり、日記を書く機会も増えそうなので、新たに「その他日記」にも登録してみました。得票数はそれぞれ半分ずつに分散されますが、応援クリックを引き続きよろしくお願いします。大谷ではありませんが、当分の間は「二刀流」ですw。

平石コーチ

<楽天>平石1軍ヘッドコーチ 秋季キャンプで奮闘中 / 楽天イーグルス特集 | 河北新報オンラインニュース

梨田監督は「考え方がしっかりしているし、ファームの選手のことをよく知っている。戦略的なことの引き出しも多い。筆箱はないけどね」とジョークを交えながら信頼感を語る。(上の記事より)

梨田監督の平石1軍ヘッドコーチ評は高いですね。というか、監督がヘッドコーチについてコメントすること自体、珍しいことのような気がします。監督の期待の大きさを示しているとも言えるし、マスコミの平石コーチに対する注目度の高さを示しているとも言える。

「戦略的な引き出しも多い」は、来シーズンのイーグルスはどんな作戦をとってくるのだろう、そんな気にさせる楽しみなコメントだと思いました。梨田さんも指摘していますが、課題はほとんどが先輩となる他のコーチとの関係でしょうか。

でも、平石コーチならなんとなくやってくれそうな気がします。親分(リーダー)としての雰囲気、人を惹きつけるもともとの資質のようなものを感じます。別のニュース記事で読みましたが、他のチームの若いコーチらとも活発な意見交換や情報交換の場を持ったりしているようですね。やり手の若手経営者のイメージです。どんな風にチームが変わっていくか、とても楽しみになってきました。

冬の合図

通勤途中にスピーカーから灯油販売を知らせるアナウンスを流しながら走行している灯油販売車を見かけるようになりました。石焼き芋の販売車と同じで、そろそろ冬が近いなあと感じる光景です。喪中はがきなどもボチボチ届き始めました。商店街には少し気の早いクリスマスソングまで聞こえます。天気予報には「雪だるま」のマークもちらほら。そういう季節になりました。

「せり鍋」をいただきました。今年3度めです。食べる頻度がいつになくハイペースという感じ。というか、仙台市内にだんだん「せり鍋」を出すお店が増えていることも原因ではないでしょうか。仙台の「せり鍋」は比較的新しい「鍋」だと認識していますが、もともと鍋でセリを食べる習慣のあった秋田出身の私としては、セリを食べる機会の増えたことは嬉しい限りですw。セリを食べる習慣の無かった人に「根っこが美味しいんですよ」と言うと、皆さん驚きますね。でも、これは本当ですw。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

ホークスの西田、はちみつ

ホークスの西田

f:id:uesugi_rintaro:20171115225350j:plain
入団会見のホークス西田
背番号22だそうです。良い番号もらいましたね。期待の大きさを感じます。それから悔しいけどホークスのユニホームが似合ってますね。なんか活躍しそうな雰囲気があるから不思議です。って、不思議じゃないです、頑張って...w。

はちみつ

ラジオで聴いた健康情報がキッカケで、このごろ就寝前に「はちみつ」をスプーン1杯だけ舐めるようにしています。はちみつの健康効果が寝ている間に身体に浸透するらしいのですが、効果の程はまだ分かりませんw。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

ブルペンでは「気持ち悪く」投げろ(阪神・矢野2軍監督)

この記事が面白かった。
阪神・矢野2軍監督に聞く2 ブルペンでは「気持ち悪く」投げろ (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

――1軍作戦兼バッテリーコーチを2年間経験した。

 「すごく勉強になった。金本監督がどういう野球をしたいとか、こういう時はこういうふうにしてほしいんやな、とか。コーチ業って、自分ではもっとできると思っていた。でも1年目なんか正直、こんなにできへんのやな、オレ何ができるんかなとばかり思っていた。周りのコーチの経験値が高くて高代さんとか平田さん、何年もやっているから気付きが早い。オレが思った時にはもう選手に伝えているとか、周りの監督、コーチとかを見て勉強になった。自分は全然そういうことができていないな、と。2年目はちょっとは変われたかなとは思うけど。2軍監督をやらせてもらうけれど、この2年は大きかった」

 ――1軍で通用する選手を育てる。

 「1軍の試合で通用しないパターンはある。投手だとストライクが続いたら打たれる。ストライク、ボール、ストライク、ボールとかはあまり打たれない。打たれる投手は偏っている。ストライクが入りだしたら続くし、ボールになりだしたらボールが続く。良い投手は、ストライク取ったら際どいところを見せたり、誘ったりしながら抑えていく」

 ――(続けて…)

 「1軍で良いパフォーマンスを出すための練習が必要。投手だったらクイックは1秒25は切らないと。でもブルペンではその練習はあまりしない。気持ちよく投げるのではなく、気持ち悪く投げてほしい。ほとんどの投手が自分のフォームを固めてから1秒25に近づけていくクイックに取り組むが、逆の発想で1秒25を切っても良いボールを投げられるフォームを固めていってほしい

 ――ブルペンでは良い球を投げるのに、試合で通用しないのはそういう理由か。

 「そのやり方の方が近いと思っている」

 ――けん制もクイックもフィールディングも、良い球を投げること以外にも学ぶことがたくさんある。それができないと1軍で勝てない。

 「結局、下から上に上がっても足りないことが多い。クイックできない、球のキレが落ちるではダメ。投球パターンのモーションが一緒で盗まれる…ではやはりね。そういうのもブルペンのときから気持ち悪くね、取り組ませたい」

 ――ファームでしっかりと学んでから1軍へ。

 「鳴尾浜できちんとできていないと、甲子園では絶対に焦る。クイックもやっていない。1軍の打者はレベルが高い。足の速い選手も多い…となれば、いつもの気持ち良い投球はできない。その辺りをオレらが意識付けしていかないといけない。良い投手はできている。下柳にしても、昔の星野伸之さんにしても、例えば左投手で三盗されやすいから首の動きを余計に動かしたり、普段からいろいろと取り組んでいた。カーブでも腕を振ったり、または抜いたりとか。勝てる人は“練習”と“試合”の差がない」 (聞き手・畑野 理之)

「勝てる人は“練習”と“試合”の差がない」という言葉に尽きるな、そう思いました。登板直前のブルペンなら気持ちよく投げて、そのまま自信を持ってマウンドへというパターンもあるかもしれない。ただ、練習のときのブルペンでもそのパターンだけだと勝てる投手にはなれない、と矢野さんは言っています。

野球がスピードボール(球速)や大きな変化球を投げることを競う競技であればそれでもいいのですが、残念ながらそうではありません。相手がいます。団体競技です。そして最終的に失点の少なかったチームが勝利という競技です。なんのストレスもなく自分のペースだけで投げられるブルペンのようなマウンドはゲームになったらほとんどない、そういうことです。

そういう色々なストレスを想定して、その中でも最高のピッチングができるように練習する。そこの重要性を選手に気づかせる、それがコーチの役割だと矢野さんは言っている。

ダルビッシュが「引き出しが足りなかっただけ」と反省のコメントを出したときがありました。あれも、あの場面で使えるピッチング(引き出し)をブルペンで練習していなかったことを悔やんだものだったと思います。
uesugi-rintaro.hateblo.jp

▼応援クリックがブログ更新の励みです。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村