読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

日記・備忘録・犬鷲

古川ぜんぜんダメ、岸までインフルってどうなってんの...

犬鷲

ドラゴンズとのオープン戦

イーグルス先発は、安楽の穴埋め候補として急浮上した古川くん。大事な大事なマウンドでした。

こういうチャンスをモノにできるかどうかでピッチャー向きの性格かどうかが分かります。が、はっきりいって、

使えませんね

先頭打者にいきなりの四球。これでほぼ決まりです。

立ち上がり云々というレベルではありません。
なんで1軍にいるの?、そんなレベルでした。典型的なブルペンということですね。

とにかくボールが高い
で、それがことごとくボール球
たまに低めにきたかと思うとワイルドピッチ
バタバタの立ち上がりでした。

初回2失点。2回もワイルドピッチで1失点。4回にも死球絡みで1失点、もはやゲームを作るどころではありません。
安楽の穴を埋めるには荷が重すぎます。

こんなのしかいないのかあ。

叫んでしまいましたw。

彼の場合も“ここぞ”という場面で持っている力を発揮できないタイプ。悲しいかな、イーグルスにはこのタイプのピッチャー多いです...。

安楽の離脱で落ち込んでいたら、今度は開幕投手に決まっていた岸がインフルエンザというニュース。これはもうチームが呪われているとしか思えません。厄払いが必要です。

選手の体調管理、特に風邪をひかないようにと梨田さんはキャンプ中の「朝の声出し」を止めました。裏目に出てしまった感じです。皮肉なものです。

▼懲りずに1位狙い。応援よろしく。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

張本ブシ炸裂

犬鷲

張本勲氏 侍ジャパン敗因は「小久保監督と打線」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

(前略)
「まずは小久保監督。コーチも監督もやってない人に大役を与えた。例えばね(MCの)関口(宏)さんにNHK紅白の総合司会をしろと。やるでしょうけど戸惑うわね。戸惑うじゃない。非常に大役なんですよ。良いコーチを付けてやるべきなんですよ。人事ですよ。監督の言うことを聞かないでチームをかき回すコーチを付けてどうするの。選手はみんな見ているからね」とバッサリ。


 続いて「(2つ目は)打線。迫力がない。3番の青木。素晴らしいバッターですよ。リトルイチローと言われるくらい素晴らしい選手。でも35、6歳ですから。ピーク過ぎているんだから3番に置いちゃダメ。結婚式とパーティーといっしょで席とかというのはだいたい決まるんですよ。上司とか肩書きで。バッターもあるんですよ、役目とか。青木は内川と同じように代打の切り札で置いておけばいいんですよ。3番は山田でしょう。(昨季)38本ホームラン打ってるんですよ」と指摘した。

 張本氏は「トータル的にこの打線が一番良い」とオーダーも以下のように披露していた。

1(遊)坂本

2(二)菊池

3(指)山田

4(左)筒香

5(一)中田

6(右)鈴木

7(三)松田

8(捕)小林

9(中)秋山

ハリさん、言ってくれるなあ。

我慢できなかったんでしょうか。それとも、番組を盛り上げようという計算ずくでしょうか。
なんといっても「サンデー・モーニング」の看板コーナーですから。

ハリさんのコメントにはいろいろ批判もあるけど、番組終了後にヤフーニュースのトップに「コメント」が躍り出るんだから凄いです。
なんだかんだ言っても、ハリさんのコメントを楽しみにしている視聴者が多いということだと思います。

はっきり言い過ぎるから、ときには反発も買うけれど、結構、同じような意見の人も多かったりするんでしょうね。それに痛いところ(いいところ)をついていると思うし。

特に今回は青木選手についてのコメントが痛いなあ...。
日本人メジャーリーガーの出場を呼びかけたのはいいけれど、ほとんどが回避しました。そんな中で青木選手だけが出てくれた。
小久保監督でなくても使い方はとても難しかったはずです。

ま、済んだことをあーだこーだ言って楽しむのが野球の醍醐味でもありますから、今回のハリさんのコメントには「あっぱれ!」を出しておきますw。


▼1位をめざします。がんばります。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

引き分け

ドラゴンズとのオープン戦

先発は美馬でした。
5回3失点。数字だけを見るとちょっと心配な結果だけど、初回の2ランと2回の1失点なので。3回以降は尻上がりに良くなっていたし。
さほど心配はいらない…という感じ。

それより福山が心配。
登板するたびに失点しているイメージ。
なかなか無失点でスパッと終えられない。気になります。

森原は惜しかった。
1点リードで迎えた9回裏に登板したけれど、いよいよ来たかという感じ。あそこを0点で切り抜けたら凄かった...。
四死球というところは好感。逆転されなかったのは“何か持っている”証と見たい。
松井裕と競ってもらいたい。
というか、松井裕の先発復帰の渡し船になるかもw。
まずは8回をハーマンと争うところからか。

今野くん
そこそこ結果を出している。いいんじゃないか。…って、球団はどうしたいのか。

嶋も普通にやれてて一安心。
イーグルスでは足立に、侍jでは小林に。この人の場合、怪我で離脱している間に有望な若手に居場所を取られる展開が続いているけど、扇の要としての存在感はやはり感じます。
細川の加入で“ニュー嶋”をどれだけ出せるか期待です。

ウィラーが調子を上げているのは心強い。
これでアマダーが健在だったら…。
なかなか上手くいかないもんですね。

最後に聖澤。
いつになく必死さを感じます。
契約更改に代理人を立てた頃からどこか冷めた印象があって、期待しつつも物足りなさがありました。一言で言うと“不完全燃焼”という選手。
最近はその他大勢の中に埋もれてしまっていたイメージですが、今シーズンこそは飛び出してほしい選手のひとりですね。

▼1位を目指しています。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村